ガレージティノの設備


心落ち着く、安らぎの空間

私が1日の終わりに必ず訪れる、心落ち着く、安らぎの空間です。どんなに疲れていても、その疲れを癒し、明日への活力を与えてくれる、そんな場所。それが、ガレージティノです。
 毎日何かに没頭できるしあわせ、そこは自分だけの時空間。

以下 私のRCライフを充実させてくれる、アシスタント達を紹介していきます。

 まずは、小さな優れもの、ミニルーターです。彫刻・研磨・穴あけなど多彩に使うことができます。 ミニルータ詳細


ドリルスタンドとミニコンプレッサー

次に、ミニルーターの強力な助っ人 ドリルスタンドです。ミニルーターを取り付けて、安定した穴あけ作業が行えます。 ドリルスタンド詳細
 さらに、クロステーブルと組み合わせることで、0.05mm単位でより精密な穴あけ作業が可能になります。 クロステーブル詳細

そして、大変重宝なのが、このミニコンプレッサーです。当初は、エアブラシ塗装に使う予定でしたが、ほとんど、エアーダスター用に使用しています。スパーダ・MTXのメンテナンスに便利です。
 ホビー用のミニコンプレッサーなので、音が大変静かで、夜中に作業しても、ご近所に迷惑をかけることがありません。 ミニコンプレッサー詳細


集塵テーブルとベルトサンダー

この集塵テーブルを使うと、ボディーのタイヤアーチや空気穴の切り抜き後の加工や、部品の研磨作業した後の後片づけが大変楽になります。
 最初は、必要ないと思っていましたが、思いのほか便利です。粉塵を、吸い込むことが少なくなるので健康的にもお勧めです。 集塵テーブル詳細

右のベルトサンダーは、樹脂のバリ取り作業や、木、金属の細かな部分の研磨、狭い場所の加工に最適です。私は、サーボホーンの加工や、小さな部品の面取り作業に使用しています。
ベルトサンダー詳細
 フレキシブルマシンバイスに固定して使うと、さらに作業効率が上がります。 フレキシブルマシンバイス詳細


電動ドライバーとスプレーブース

電動ドライバーは、必需品です。メンテナンスの作業効率が上がります。とくにサーベージは、これなくして作業出来ません。腱鞘炎になった方もいらっしゃいます。 電動ドライバー詳細

右のスプレーブースがあると、家の中でも簡単にスプレー塗装が可能になります。スプレー塗装をする際の異臭を外に逃がしてくれます。これのお陰で、雨の日の夜でも塗装することができます。
スプレーブース詳細


ペンサンダーとタイヤトゥルアー

ペンサンダーは、その名のとおり狭い場所の研磨作業に最適です。主に狭い場所の直線的な、仕上げに向いています。 ペンサンダー詳細

右のマシンは、タイヤトゥルアーです。以前模型店に行くと、よく見かけましたが、当時は、何に使うのかわかりませんでした。
 いまさくさんが、使っているのを見て、教えていただきました。自分の好きなホイルとタイヤを別々に購入し、セットしたあと自分の好みのタイヤ径や、キャンバー角に合わせてテーパーに削り出すことができます。 タイヤトゥルアー詳細