モグラに乗ろう

モーターグライダー


天翔る翼

ここは、栃木県鬼怒川河川敷にある小山絹滑空場です。自分の思うがままに、大空を翔ることが出来たらどんなに気持ちが良いことでしょう。
 こんな思いを抱くのは、私ひとりではないと思います。しかし、飛行機の操縦なんてとんでもないことだと、誰もが思うことでしょう。
 でもそれが、意外にとんでもないことではないのです。このページのタイトルの「モグラ」とは、モーターグライダーのことです。このモグラが、それを可能にしてくれます。


体験飛行

7月下旬のある日、友人とここ小山絹滑空場にやってきました。最近グライダーの操縦を始めた他の友人から幾度と無く誘われていたからです。
 滑空場に着くとすぐに、その友人から「早速、飛びましょう」と言われたのですが飛ぶつもりのなかった我々は、さんざん渋っていました。しかし覚悟を決めてモーターグライダーに乗る決心をしました。
 友人の隣の席に着き、計器類を操作している友人を見るとまるでパイロットです。不安と緊張のなか友人の操縦で離陸。あっけなくグラダーは上昇してゆきます。


みるみる小さくなって行く地上を見ながら、大手航空会社の旅客機に乗るときにも緊張していたことを思いだし、何か不思議な気持ちになりました。こんなにも簡単に、大空にいるなんて!
 操縦をしている友人は、計器類や舵の操作方法を説明してくれます。ラジコン飛行機を飛ばしているのでわたしも操舵など基本的なことは知っているのですが、いきなり友人からちょっと操縦してみると言われたときには、何をこんな素人に言ってのだと思い断りました。
 それでも、ほんの数十秒(もっと長く感じた!)操縦桿を持たせてもらいました。極度の緊張で足が震えます。


優雅に空中散歩

30分ほどのフライトの後、地上に戻ってきたときには、さらに何人かの友人が滑空場に到着していました。
 いろいろ話を聞くと、いままで思っていたほど、飛行機を操縦することは難しいことでは、ないようです。
 以前からダメだと思っていた眼鏡使用でも操縦ができるそうです。右の写真は、動力なしのグライダーです。従って他の飛行機に曳航されて離陸します。こちらの方が、静かで気分が爽快だと友人たちは言っています。(でも着陸のやり直しができない?)


システム

ここ(小山絹滑空場)のシズテムの全部はしりませんが、体験飛行の場合、1日会員の入会金が2,000円で、そのほかにモーターグライダーで10分につき2,000円、動力なしで10分につき1,000円の料金がかかります。
 1時間も飛べば、14,000円ほどかかり決して安くはありませんが!ゴルフに行ったりパチンコで損をすることを、考えればお金の使い方としては有意義なものでしょう。なんと言っても、大空が身近になります。
 そして一番の心配の安全性ですが、グライダーは、滑空性能がきわめて高いのでよほどのことがなければ、事故にはなりません。考えてみれば、日本中で毎週飛んでいて、事故のニュースを聞くのは希です。自動車の方が、事故の確立は高いでしょう。狭い道路を対面通行で走行しているのですから?(それもどんな人が運転しているのか解らないのですから)


不良中年

実は、このおじさんたちは、RC Worldのグラダー部門の面々です。最近山に姿を見せないと思っていたら、こんな所に出没していたのです。ラジコンでは飽きたらず、自らが飛んでいるのです。しかし、みんな行動力があるなー!
 しかし、ほとんどが独身者です。そろそろ年貢を納めたほうがいいのに!(人のことを言える立場ではありませんが)